1. HOME
  2.   >  岩手のシゴトバ
  3.   >  文化シヤッターサービス株式会社 東北サービス支店

中途 学術研究、専門・技術サービス業 建設業 /  県南 県外 県央

シャッターのプロは街を守るプロ

文化シヤッターサービス株式会社 東北サービス支店

昭和44年3月、当社は、文化シヤッター株式会社のサービス部門を分離独立した会社で、シャッターの修理、保守点検活動を主としてサービスの向上を図る目的で設立されました。また、平成3年10月には全国に展開していた同様のサービス会社7社を統合し、企業規模の拡張、経営資源の結集、技術の共有化を図り全国ネットワークを確立しました。そして一層のサービスメンテナンス体制の充実強化を図り、業界最大のサービス専門技術集団となりました。アフターサービスへのニーズ拡大を受けて、カスタマーエンジニアの育成にも力を入れるため、これからの当社を担ってくれる新しい世代を募集します。

 

文化シヤッターグループの抜群の安定性

当社は東証一部上場・文化シヤッターのグループ企業です。安定性は抜群で、更なる成長を見据えています。

年間休日124日!働きやすい環境

当社の年間休日は124日。福利厚生も充実しており、働きやすい環境です。入社後は研修で基礎からしっかり教えます。資格取得支援制度も充実しており、確かな経験と資格が身につく環境です。

日々成長を実感しながら業務に励んでいます。

村田(2016年入社)

入社したてのころの私は、先輩からよく「お客様は友達じゃない」と怒られていました。でも、研修で社会人マナーからしっかり教えてもらえて、時には笑いもある楽しい職場で日々成長を実感しながら働いています。最近はお客様に褒められたり、先輩に指示されなくても動くことができるようになり、やりたいこともどんどん増えています。

ギャラリー

採用情報

区分 中途採用
職種 カスタマーエンジニア
雇用形態 正社員
仕事内容 各種シャッターの修理・メンテナンスを中心としたアフターサービスを行います。お客さまからのシャッター等の修理依頼にスピーディーに稼働、鍵の修理からシャッターの破損、電気系統のトラブルまで対応します。また、シャッター等のトラブルを未然に防止する定期点検業務も積極的に行っています。人材育成のための社内教育研修制度及び国家資格取得制度も充実しており、確かな経験と資格が身につく環境です。
学歴・資格等 [資格等] 普通自動車免許 (AT限定可)
勤務地 盛岡SS:盛岡市飯岡新田6-26-2
奥州SS:奥州市水沢佐倉河字後樋108-2
勤務時間 8:45~17:30(休憩60分) 
休日 完全週休2日制(年間124日)
※業務の都合により、休日・深夜作業が発生した際には別途手当・代休を付与します
給与等 191,100円~ 
※社内規定に従い、年齢等を考慮の上、決定します
保険・手当等 [加入保険等] 雇用保険、労災保険、健康保険、 厚生年金、財形貯蓄、退職金制度(勤続3年以上)
[各種手当等] 通勤手当、家族手当、住宅手当、資格手当、深夜休日作業手当、社内ライセンス手当、奨励金等

一覧に戻る

会社情報

住所 【盛岡SS】
〒020-0852 盛岡市飯岡新田6-26-2
【奥州SS】
〒023-0003 奥州市水沢佐倉河字後樋108-2

本社 〒170-0001
東京都豊島区西巣鴨4-14-5
BX113ビル
設立 1991年10月(創業1969年3月)
資本金 1億1千万円
従業員数 1,150名
(男性1,022名、女性128名)
事業所 全国に10の支店と130のサービスステーション
事業内容 文化シヤッター(株)の全製品のアフターフォローをテーマとして、シャッター等の修理・メンテナンスに関する総合的な事業を展開し、お客様に安心と安全をお届けしています。
電話番号 盛岡SS:019-601-7147
URL http://www.bunka-shutter-service.co.jp/
LOGO 「B」は文化シヤッター自体を示し、「X」はお客様満足を追求したソフトなど、様々な力を掛け合わせて何かを生み出し、当社を未来に向けて「進化」させていこうという決意を示しています。

お知らせ

職場見学

実施時期は応相談

インターンシップについて

実施時期は応相談

その他お知らせ

年間休日は124日。もし休日出勤となった場合は、代休と休日出勤手当でフォローします。福利厚生や各種制度、手当も賞与(年5カ月分以上)も充実しています。一人前になるまでは必ず先輩社員と業務を行います。社内研修制度、資格取得支援もあり、未経験の方でも2~3年かけてしっかり育成していきます。

お問い合わせ先

東北サービス支店 業務課 近江
TEL:022-287-1488

この企業の情報をPDFで開く

一覧に戻る