1. HOME
  2.   >  働き方改革推進運動特設ページ
  3.   >  いわて働き方改革のすすめ:株式会社水清建設

事例で見る!

いわて働き方改革のすすめ

県内企業の取り組み事例をご紹介します。

総合部門最優秀賞

株式会社水清建設

株式会社水清建設

「従業員が人に自慢できる職場づくり」を
目指し、取り組んできた働き方改革

株式会社水清建設

紫波郡矢巾町西徳田5-201-2

  • 紫波郡矢巾町西徳田5-201-2
  • 主な事業/建設業
  • 従業員数/44人

「社員の幸せ」と「地域貢献」を理念とし、従業員のニーズを聞き取り、「自治体・学校・地域行事等参加休暇」「自己啓発休暇」など、従業員の事情に合わせた多様な休暇制度を新設。取得実績もあり、従業員は休暇制度を活用しながら、仕事はもちろん地域でも活躍している。

多様性のある休暇制度が働きやすい職場を実現

「地域になくてはならない会社、そして従業員はなくてはならない人」と、会社の経営理念を語るのは水本孝社長。ここ数年、若い人材を積極的に採用し、その方々が出産・子育て期を迎え、休暇の見直しをしました。その一つが子の看護休暇。対象を中学卒業までとし、30分単位で取得できるようにしました。PTAや自治会活動をしたいという声を受け、自治会・学校・地域行事等参加休暇も。これは企業としての地域貢献の実践の一つでした。従業員が働きやすい職場、人に自慢できる職場が理想で、多様性のある休暇制度がそれを支える柱の一つです。もう一つの柱は、報酬です。地域企業と比べ10%高い給与を実現しています。その継続のためにも働き方改革を続け、勤労意欲と生産効率を高めていきたいと思っています。今後の目標は女性活躍を実現できる教育・人材育成を含めた働き方改革の実現です。

株式会社水清建設
代表取締役 水本 孝

「考える」社員一人一人が
生産性アップに貢献

アンケートは取っていないのですが、社員の満足度は高いと思っています。わたしは年に2回、従業員と面談しています。「働きやすい職場づくり」から始めた働き方改革で、従業員一人一人が自分の暮らし、仕事そして地域について考えるようになりました。そんな「考えるクセ」が仕事では効率がアップにつながり、生産性も高まりました。「従業員が誇れる魅力的な企業」を地元に増やすことができれば、県内への若者定住にもつながり、活気ある地域づくりに貢献できるのではないでしょうか。

出産・子育て期を迎えた従業員向けの休暇制度を充実させて以降も、営業利益は上昇している。

その他の取り組み事例を見る

いわてで働こう推進協議会

事務局:岩手県商工労働観光部雇用対策・労働室 / 事務局(事業担当):ジョブカフェいわて

〒020-0024盛岡市菜園1-12-18 盛岡菜園センタービル5階TEL:019-621-1171 FAX:019-606-3702