1. HOME
  2.   >  いわてとワタシゴト展

いわてとワタシゴト展

これから働く方(高校生・大学生等)、
すでに働いている方など、どなたでも参加できます

明日からの「はたらく」が
もっと楽しくなる。

定員のあるイベント企画は、事前のお申し込みがオススメです。

常設企画

いわての”働く”体感エリア

会場:4F県民プラザ

シゴトビトの職場

岩手で働く社会人(シゴトビト)の仕事の様子や普段使っている仕事のツールを公開!
登場するシゴトビトは順次紹介していきます(10名程度を予定)

シゴトビト本人が会場に登場!
直接話を聞いてみよう。

いわての”働く”知るエリア

岩手の「仕事」「働く」をテーマにした企画展が集結!

写真で、数字で、本で、ロゴで…
様々な切り口から岩手を「知る」展示コーナーが多数登場!「はたらく」をユニークな角度から見て・知って・学んでみよう。

会場 : 4F県民プラザ / 5Fギャラリーほか

いわての”働く”応援エリア

岩手の「仕事」「就職」「はたらく」に関わる情報コーナーもご用意。これから働くみなさん、今働いているみなさんを応援します!

会場 : 8F 804会議室※9月3日(日)のみ

3日(日)は4階メイン会場に、
ランチエリアもOPEN!

イベント企画

9/2(土)会場:4F アイーナスタジオ

11:00 - 13:20

はたらくLab. もっと楽しく働く研究室

「明日からの仕事」の栄養に!イワテの"つながりメーカー"のシゴト論。

「自分の仕事を"デザイン"することは、人生を作ること。」

Study111:00 -

株式会社モリノバ・
株式会社 ソーファデザインデスク 代表

浅野 聡子さん

神戸市出身。百貨店勤務、マーチャンダイザーを経て、ウェブデザイナーに。2012年より2年間盛岡で暮らす。観光パンフレットには載っていないような、地元の人が普段から愛用するお店や場所を紹介したブログ「盛岡さんぽ」が話題となり、2014年に書籍化。2015年には、盛岡を盛り上げるまちづくり会社「株式会社モリノバ(MORINOVA)」を設立。今年5月13日には古民家を改修した複合商業施設「十三日(トミカ)」を盛岡市肴町にオープン。

定員40名

「仕事も遊びも10倍たのしむ。岩手ライフ指南。」

Study211:50 -

七時雨トレイルランニングクラブ 代表

中川 研人さん

茨城県出身。大学院を卒業後、不動産会社に就職。岩手への移住をきっかけに介護ベッドメーカーに就職。七時雨マウンテントレイルフェスの競技委員長であり、遠野市の石上山トレイルフェスや八幡平スノー駅伝を立ち上げ、岩手の自然の楽しみ方を発信している。仲間で結成した七時雨トレイルランニングクラブは、現在メンバーは80名を超える。

定員40名

「武士道が拓く!新時代のサラリーマンとは。」

Study312:40 -

株式会社岩手めんこいテレビ プロデューサー

工藤 哲人さん

紫波町出身。名古屋大学経済学部卒(東京大学大学院経済学研究科中退)。2003年、めんこいテレビ入社。新渡戸稲造の世界中の足跡をたどるドキュメンタリー「スーツを着たサムライ」シリーズ4作品を制作。大友啓史監督やフランク・ミュラー氏をはじめ武士道と新渡戸でつながるネットワークを海外に広げ、岩手の新しい魅力を発信している。

定員40名

14:00 - 16:00

Road to
next IWATE
岩手の未来をプレゼン

岩手のリーディングパーソンが、働くフィールドとしての岩手の未来をプレゼンテーション。

株式会社びはん
コーポレーション
専務取締役

間瀬 慶蔵さん

岩手県山田町出身。大学卒業後、大手スーパーに就職し首都圏などでの勤務を経て、2009年に帰郷。山田町でスーパーなどを営む老舗商店「びはん」の8代目として経営に携わる。帰郷から3年後に東日本大震災が発生。町中心部の国道沿いにあった本店が津波で全壊するも、震災から約5カ月後の2011年8月に営業を再開。「山田の醤油」をはじめとしたオリジナル製品の開発や、地元食材を生かした商品のインターネット販売などにも力を入れている。

株式会社シプード
代表取締役社長

舩木 真由美さん

岩手県盛岡市出身。大学卒業後、フジテレビ「とくダネ」の制作現場を経て、国内No.1の大手PR会社でキャリアを積む。その後、楽天市場でPR組織の立ち上げから広報担当までを担い、楽天の急成長を支える。2014年に独立し、企業内の広報人材を育てる業界初の「広報・PRの家庭教師サービス」を提供する株式会社シプードを設立。広報未経験人材の育成や社内広報組織の立ち上げやIPOサポート等を手がける。

セルスペクト
株式会社
代表取締役

岩渕 拓也さん

岩手県一関市出身。高専、大学院で材料工学を学んだ後、慶應義塾大学医学部 総合医科学研究センター特別研究教員として基礎医学研究や体外診断薬メーカーにおける研究開発等に従事。2010年千葉市内で検査薬開発を手掛けるベンチャー企業「メタロジェニクス株式会社」を創業。2014年、医工連携事業の加速に向けて、メカトロニクス・IT分野のメンバーと共に「セルスペクト株式会社」を盛岡市に創業し現職。2017年2月には、され、Japan Venture Awards 2017(中小企業基盤整備機構)で「中小機構理事長賞」を受賞した。

定員40名

9/3(日)会場:8F 804 会議室ほか

10:30 - 12:00

社長が社長に
なると決めた日
経営者のリアルトーク

達増知事×県内企業の代表が、社長になろうと決めた時を振り返る。

株式会社
ベアレン醸造所
専務取締役

嶌田 洋一さん

東京都出身。学生時代からお酒の世界にはまり、あらゆる酒に精通。大学卒業後、民間企業に就職。2001年、34歳で一念発起して友人とともに岩手に「ベアレン醸造所」を起業。2015年4月に開催された「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストでは、全国200余ある醸造所の中から最高賞を獲得。同年9月には、起業からの奮闘の記録を「つなぐビール 地方の小さな会社が創るもの」(ポプラ社)として出版した。

株式会社ホップス
代表取締役

工藤 昌代さん

盛岡市出身。盛岡市内で営業、DTP、プログラム開発の仕事に携わった後、1996年に起業。WEBの企画・開発・制作を数多く手掛ける。2012年には、「東北アントレプレナー大賞(一般社団法人東北ニュービジネス協議会)」を受賞。東北の逸品を紹介するショッピングサイト「まがりや.net」の運営や、セレクトショップ「5858」を盛岡市肴町のNanak内にオープンするなど、岩手の魅力を発信する事業を展開。

岩手県知事

達増 拓也

盛岡市出身。大学卒業後、外務省へ入省。衆議院議員を経て、2007年より岩手県知事。知事就任後も、「コミックいわて」の発行や「妖怪サミット」の開催など、岩手の特性を活かした様々な施策の実現に取り組む。また、東日本大震災津波後、被災からの復旧にとどまらない三陸の復興を力強く推進している。twitter、ニコニコ動画などを活用した情報発信にも積極的。

定員120名

12:00 - 13:00

いわて企業
PR動画祭

県内企業が作成したプロモーション動画を紹介。

動画出展企業のエントリーはまもなくスタート!

観覧自由

15:20 - 16:00

モノでつながる
しごとトーク
”あのアイテム”の
隠れたストーリー

1つのアイテムでつながるゲストが、自分の仕事とそのモノに 関わるエピソードを語る。

Talk114:30 -「岩手の裂き織りでつながる」

2017年6月、大手総合スポーツ用品メーカー アシックスによるシューズブランド「オニツカタイガー」から、岩手の伝統工芸「裂き織り」を使った限定モデルが発売された。盛岡を拠点とする裂き織りブランド「さんさ裂き織り工房」とのコラボレーションにより生まれたこのアイテムを真ん中に、生み出した2人が語るエピソードとは?

株式会社幸呼来Japan
代表取締役

石頭 悦さん

2009年、盛岡の支援学校で「裂き織」と出合う。古布などを細く裂いて織ったその美しさ、緻密さに感動。盛岡市の緊急雇用創出事業の補助金を得て、勤めていた会社で裂き織の生産・販売事業を立ち上げる。「盛岡さんさ踊り」の浴衣を材料に、ポーチやペンケースなどを作り販売。東日本大震災で会社の事業としての継続が困難となり、2011年9月に自ら「株式会社幸呼来Japan」を設立する。現在、2つの裂き織ブランドとプロジェクトを展開中。

株式会社アシックス
アシックスタイガー
開発チーム

平山 誠さん

広島県出身、神戸市在住。信州大大学院修了後、インテリアメーカーで自動車内装材設計開発、5年間タイ駐在。2012年にアシックス株式会社に。入社から現在までグローバル・フットウエア事業部ライフスタイル開発部。「アシックスタイガー」「オニツカタイガー」の主力2ブランドの開発業務をしている。同社の米国在住女性デザイナーを通じ、さんさ裂き織り工房の商品と出会い、石頭悦社長や従業員の熱意に触れ、商品化に尽力した。

Talk214:30 -「岩手の酒でつながる」

日本最大の杜氏集団である「南部杜氏」を擁する岩手県。県内の酒蔵では、こだわり抜かれたさまざまな酒が造られ、その名を全国に知らしめています。酒を造り、届け、そして誰よりも楽しむ!「岩手の酒」 でつながる3人によるエピソードトーク。

赤武酒造株式会社

古舘 龍之介さん

岩手県大槌町出身。東日本大震災で被災後、盛岡で復活を遂げた1886年創業の老舗「赤武酒造」を担う若手杜氏。大学在学中、全国利き酒大会のチャンピオンに。22歳で赤武酒造の杜氏となり、新ブランドAKABU(アカブ)を立ち上げ、2015年酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した。

菊の司酒造株式会社

平井 佑樹さん

盛岡市出身。岩手県最古の酒蔵、菊の司酒造16代目蔵元(予定)。大学卒業後に蔵入り。日本酒「菊の司」「七福神」「平井六右衛門」を製造する同社で、自称”なんでも屋”として、製造・販売・ブランディング・広報などさまざまな分野を担当。twitter、facebook、ブログなどWEBメディアを活用した情報発信に積極的に取り組む。

glassto・Mine

山本 茂直さん

盛岡市出身。大学時代はバックパッカーとして世界を旅行し、卒業後は旅行代理店に就職。2010年に盛岡市大通に日本酒とワインをメインとした「Mine(ミネ)」を開店。2016年により多くの人に醸造酒を楽しんでもらうため、店舗を拡大することを決意。盛岡市中ノ橋に「glassto(グラスト)」を開店。造り手の思いやストーリーを伝えることも仕事の一つとしている。

定員120名

いずれの企画も余席がある場合は当日参加が可能です

チラシをダウンロードする(PDF)

学生のみなさん。
スタッフとしてこのイベントに
参加してみませんか?

「いわてとワタシゴト展」学生スタッフ募集中!

9/1(金)

13:00〜18:00

会場の設営サポート

いわてとワタシゴト展のイベント会場の設営や展示準備をおこないます

9/3(日)

9:00-17:30頃

イベント運営・ゲストのアテンド

イベントの運営スタッフとして、進行補助やイベントに参加いただくゲストのみなさんのサポートをおこないます。(会場への誘導、来場者との交流時のサポートなど)

いずれか1日の参加もOK!(募集15名程度)

この夏の間に、自分の就職について方向性をまとめたい人、いろんな仕事のことについて知りたい人、
岩手の働く環境について知りたい人など、就活の準備にもオススメ!

学生スタッフに申し込む

あわせてCHECK!関連イベント

お問合せ先: ジョブカフェいわて
「いわてで働こう推進協議会」事務局

019-621-1171

いわてで働こう推進協議会