いわてで働こう推進協議会|岩手の仕事・就職情報サイト

シゴトバ クラシバ いわて

UIJターン向け支援制度・助成制度一覧

岩手県

(令和5年度の募集終了)いわてお試し居住体験事業

県外から、新たに岩手県へ移住する方に対して、家電等を整備した県営住宅を一定期間お貸しします。
(令和5年度の募集は終了しました)

概要

岩手県では、県外からの移住定住の促進及び県営住宅ストックの有効活用を図るため、県公式SNS等での県内生活の様子や魅力等の情報発信を行うことを条件として、家電等を整備した県営住宅を低廉な家賃(家賃10,000円/月額)で貸出す事業を実施します。
入居期間中には、食の観点から県の魅力を知ってもらうため、県産米のプレゼントも実施します。

募集対象

1)子育て世代枠・一般世代枠共通事項
申請者が以下の全ての要件に合致する者であること。

ア 県外から本県に移住定住を希望している者であること。

イ 県が管理するSNS等において、県内での生活の様子や魅力を外部に複数回発信すること。

ウ 県が実施するアンケートに協力すること。

エ 暴力団員でないこと。(同居者を含む。)

オ 高等学校等(高等学校、中等教育学校、高等専門学校(1~3年)、専修学校高等課程及び特別支援学校等)に在籍していないこと。

カ 3か月以上の使用を希望していること。

キ 入居人数は、岩手県住宅マスタープラン(岩手県住生活基本計画)(令和4年3月策定)別紙3に定める最低居住面積水準を満たすこと。

・最低居住面積水準例

大人(10歳以上)5名の場合:60平方メートル

大人(10以上)4名+子ども(3から5歳児)3名の場合:65平方メートル

 

(2)子育て世代枠該当事項

ア 申請日時点で申請者が18歳以上39歳以下であること。

イ 子育て中の世帯で子ども(入居許可された年度の年度末時点において18歳以下の子どもに限る。)と同居している世帯又は世帯又はいわてお試し居住体験事業により県営住宅に入居期間中、子どもを産み育てる予定のある夫婦世帯であること。

 

(3)一般世代枠該当事項
ア 申請日時点で申請者が18歳以上59歳以下であること。

注:居室使用料については、全部屋とも10,000円/月

上記月額使用料の他に、駐車場利用者は駐車料金が、また、共益費、町内会費が別途必要になります。

入居可能日・募集戸数

ア 子育て世代枠 令和5年7月1日から:10戸

イ 一般世代枠

(1)令和5年7月1日から:8戸
(2)令和5年8月1日から:6戸
(3)令和5年9月1日から:1戸
(4)令和5年11月1日から:4戸
(5)令和5年12月1日から:7戸
(6)令和6年2月1日から:1戸
(7)令和6年3月1日から:3戸

注:入居日は、各月とも1日からとなります。

入居期間

ア 子育て世代枠
最長6年間

注1:子育て中の世帯で子ども(入居許可された年度の年度末時点において18歳以下の子どもに限る。)と同居している世帯については、6年以内(但し、子の年齢が18歳に達する年度末までとする。)とする。

注2:いわてお試し居住体験事業における入居期間中において、子どもを産み育てる予定のある夫婦世帯については、3年以内とする。
注3:家電等やWi-Fi環境の利用及び県産米の提供は最初の1年間のみとなります。

イ 一般世代枠
1年間(更新はできません)

申請受付開始日

5月29日(月)から

提出書類

ア 行政財産使用許可申請書
イ 誓約書(様式第1号)
ウ 入居者名簿(様式第2号)
エ 住民票の写しの原本(使用者及び同居者全員分)
オ 緊急連絡人(変更)届(様式第3号)
カ 緊急連絡人確認資料(住民票の写し(コピー可)、免許証、健康保険証又はパスポート等の写し)
キ 個人情報の第三者への提供に係る同意書(様式第4号)
ク いわてお試し居住体験事業移住計画書(様式第5号)
ケ いわてお試し居住体験事業利用希望調書(様式第6号)

注:上記に掲げるもののほか、知事が必要と認める書類の提出をお願いする場合があります。

提出先

〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1

岩手県県土整備部建築住宅課 (岩手県庁8階)

詳しくは岩手県庁のホームページをご覧ください。

お問合せ先

岩手県 県土整備部 建築住宅課 住宅管理担当
〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1
TEL:019-629-5931

ダウンロード

一覧に戻る